コーヒー 長生き

コーヒー長生き

 

いくつになっても健康で長生きしたいと願うことは当然であり、世の中には様々な健康法があふれ、情報過多になっているといっても過言ではありません。

 

かつては健康に良いとされていたことが、その後実は誤っていたということもあり、数多くの情報の中から自分で取捨選択することが重要だといえます。

 

その中でも毎日飲んでいるコーヒー長生きできると言うのは本当なのでしょうか?

 

気になったので調べてみると驚きの結果が公表されていました!

 

 

コーヒーを毎日飲むと長生きできるって本当?

 

コーヒー長寿

 

情報が豊富にあふれている中で、コーヒーを飲むと長生きすることができるという情報を耳にして、驚いた人は決して少なくないでしょう。

 

コーヒーは私たちの生活にとって当たり前のように存在している飲み物であり、毎日飲むことを習慣化している人も多いです。

 

この身近な飲み物を飲むと健康で長生きすることにつながれば、たくさんの人たちが喜ぶ結果となり得るのです。

 

このような結論を出すまでに、およそ2万人以上の中年層の男女を10年にも渡って追跡したという大規模な実験が存在しました。

 

 

コーヒーで長生きできるのか臨床試験の結果?

 

コーヒー臨床試験

 

実験対象の男女には1日4杯のコーヒーを飲んでもらい、その結果として早期死亡の防止に役立つと結論付けられたのです。

 

定期的にコーヒーを飲むという人の死亡率は、飲まない人と比較するとおよそ3分の2も低いことがわかりました。

 

このような大規模な研究を行ったチームによると、日常的にコーヒーを飲む人たちの死亡率が最も低いことを突き止めることに成功したのです。

 

なぜコーヒーが健康に良いのかというと、含まれている抗炎症性のあるポリフェノールのおかげであると考えられています。

 

特に心臓にとって良い効果をもたらすといわれており、1日に4杯飲むことで効果を高めることができるという実験結果を得ることができました。

 

飲み過ぎや砂糖の入れすぎには注意!

 

コーヒー砂糖

 

このようにコーヒーが長生きに効果があることがわかりましたが、過剰に飲み過ぎたり砂糖の入れ過ぎは逆効果であることも当然ながら注意しなければなりません。

 

特にカフェインの摂りすぎは身体に害を与えることもあるので、コーヒーの1日の目安は4杯までにコントロールすると良いでしょう。

 

健康には食生活の改善も必要!

 

食生活改善

 

さらに循環器疾患や若年死亡などのリスクを最小限に抑えるには、規則正しい生活やバランスの良い食事であるといえます。

 

コーヒーを飲むことだけで長生きができるというわけではないことを、しっかりと理解することが必要なのです。

 

 

コーヒーはどんな種類でも長生きできる?

 

コーヒー種類

 

臨床試験の対象者には、銘柄などは特に指定されていないようでした。

 

注意されたのはミルクや砂糖を入れないブラックコーヒーで実感されていました。

 

このことからも特に長生きできるコーヒーの種類というのは意識せずともよさそうでした。

 

ですが!!

 

コーヒーの種類によって食後の血糖値を抑制する大きさが違う!!

 

市販されているブラックコーヒーと特定保健用食品(トクホ)のコーヒーでは、まるで血糖値の抑制に変化があります。

 

コーヒー血糖値

 

このことからも長生きや食後の血糖値が気になる方には、トクホのマークの付いたコーヒーを選ぶことが健康への1歩になるのではないでしょうか。

 

>>>トクホのフィットライフコーヒーを実体験で体感!